洗濯ばさみ

起源

1853

1853
David M. Smith
最初の洗濯ばさみは長い棒で組み立てられていました。 片側部分が短くなっており、反対側にあるツメまたは 1 本のロープと結び付けて使用していました。 この後、施盤部分に切り込みが入れられたモデルや、巧妙に旋削されたモデルが採用されました。 現在使用されている洗濯ばさみの原型を考案したのはアメリカ人の David M. Smith で、それは 1853 年のことでした。この原型は、大きさが同じ 2 つの部分を線バネで結合して組み立てたものです。

この原理を改良する余地はほとんどありませんでしたが、後になってプラスチック製の洗濯ばさみが採用されました。これは、20 世紀半ばに Mario Maccaferri によって採用されたモデルです。 しばしば時代遅れと言われる洗濯ばさみは、今もなお存在しています。これは、洗濯物を乾かすための最も経済的で環境にやさしい手段であることが理由のひとつに挙げられます。

Sandra Backlund のコレクション「In No Time」では、洗濯ばさみを扇形に広げ、それをつなぎ合わせてドレスを作りました。

AlternativImageDesc

EKLIPSE A Clothespin, Chip-clip, Multi-use Clip. Designed by: Charley Earley PCT Patent Pending EKLIPSE LLC P.O. Box 289 Winterport, Maine 04496 Phone: 01.207.659.6683

Charley Earley

United States

AlternativVideoDesc

The story of the peg, supported by L. v. Beethoven (in German)

Maria Langlechner

Germany