タッパーウェア

1949 年 11 月 8 日
1949
Earl S. Tupper
タッパーウェアは、ちょうどいいタイミングで考案された発明品として挙げることができます。また、マーケティング戦略も適したものでした。 1949 年、Tupper Plastics 社の創設者である Earl S. Tupper は、ボウルの密閉式防水カバーとなる、曲げやすいポリエチレンの蓋を考案しました。 冷蔵庫で食料品を保存するのに理想的なもので、一般家庭の器具として普及しました。

ただし、商業的な大成功を収めたのは、Tupper の従業員である Brownie Wise が考え出した「訪問販売」を導入してからのことです。 タッパーウェア パーティーは社交行事となりました。 今日、ドイツだけでも 150 万以上の販売イベントが催されています。

開くと、密閉式の蓋からシューッと空気が抜けるような音がします。 これは、1949 年当時の Earl S. Tupper の特許図面です。