ティーバッグ

起源

1908–1913

1910

Teefix の生みの親

R. Anders & E. Nissle

ティーバッグの発明は、偶然の一致によるものだと言われています。20 世紀初頭、アメリカ人の紅茶の取引業者である Thomas Sullivan が、小さな絹製の袋に紅茶のサンプルを入れて出荷しました。 伝えられているところによれば、一部の顧客がその袋を開かないまま温水に浸し、その品質をテストしました。

1913 年以降の文書記録によると、2 人のドイツ人企業家 – Eugen Nissle と Rudolf Anders – がモスリンのティーバッグのブランド名「Teefix」を登録したということです。 紙の繊維で作られたティーバッグは、1930 年を過ぎて熱で紙を封じることが可能になるまで普及しませんでした。 ティーバッグは実用的で評判以上の良さがありました。これを際立たせるため、製茶業者は継続的に見た目に魅力的な新たなバリエーションを作り続けています。

カイザーと紅茶を。 サッカー ファンのためのティーバッグ。

AlternativImageDesc

Wie entwickeln sich die heimlichen Helden weiter? Der Teetrinker muss die Ziehzeit seines Tees immer noch mit einem ?externen Device? kontrollieren. Beim Entwurf Temae befindet sich der Zeitmesser an der richtigen Stelle, am Teebeutel selbst. Die Ziehzeit-Anzeige verweist dabei auf die Seh- bzw. Warte-Gewohnheiten aus der digitalen Welt: den Ladebalken. www.janjamaidl.de

Janja Maidl

Germany

AlternativVideoDesc

there is an interesting video about Denise Blanchards artn

Denise Montt

Chile