安全マッチ

起源

1855

1855
Rudolf Christian Böttger
1848 年、ドイツ人化学者 Rudolf Christian Boettger は、マッチ箱の摩擦面にこすり合わせるマッチ棒のヘッド部分に、今まで使用されていた有毒な白リン (ホワイト ホスフォラス) ではなく、赤リン (レッド・ホスフォラス) を使用する安全マッチを考案しました。 これにより、マッチが不意に自己点火する危険性が排除されました。

その後すぐに、マッチ箱は広告媒体として利用されるようになります。 1896 年には、ビール会社が製品の宣伝のため 50,000 のマッチ箱を注文しました。このことが、マッチの工業生産用機械の開発に弾みをつけました。 サイズが手ごろであることと、ラベルが多様なこともあり、マッチ箱は世界中のマッチ箱収集家の間で人気のあるお宝アイテムとなりました。

ロゴにつばめを採用しているこれらのスウェーデンのマッチ棒は、1895 年にはオランダに輸出されていました。

WRONG

The safety match was invented in 1844 by the Swede Gustaf Erik Pasch (1788?1862)

Steffe J

http://en.wikipedia....

Sweden

AlternativVideoDesc

One of a variety of matchstick-puzzles.

Simon Breitbenbacher

Switzerland

AlternativVideoDesc

Report about Bernardo Casasolas who does Masterpieces of models entirely out of matches.

Frank London

Argentina