画鋲

1904 年 1 月 8 日
1904
Otto Lindstedt
画鋲には基本的な種類が 3 つあります。 1900 年に遡りますが、アメリカ人の Edwin Moore がモデル第 1 号を考案しました。このモデルは、古いレコード針を 1 枚の溶融ガラスに差し込むタイプのものでした。 彼は Moore Push-Pin Company を設立しましたが、この会社は今も存在しています。

モデル第 2 号は、1903 年、Brandenburg の時計師で、Lychen 出身の Johann Kirsten によって考案されました。このモデルはパンチプレスを使用して短いくぎをドーム型の金属ヘッドに結合させたものでした。 この画鋲を完成させたのは企業家 Otto Lindstedt です。彼は 1904 年 1 月 8 日に特許を取得しました。モデル第 3 号は 3 本のピンがある画鋲で、1932 年にスイスの企業 Lüdi が特許を取得しています。

Switcheasy の差し込み式マイクにヒントを得た、アメリカ人発案の画鋲。