反射装置

起源

1934

1934
Percy Shaw
1920 年代に自動車輸送が増加するに従って、交通安全と方向補助の議題がますます重要になってきました。 1931 年に道路標識の規定に関する初の国際会議がジュネーブで開かれました。イギリスの Percy Shaw 氏は猫の両目が車のヘッドライトに反射して光るのをヒントにして、1941 年に反射道路鋲を開発し、「キャッツアイ」と名付けました。

3 年後、アメリカの企業 3M 社は反射ガラス玉で覆われた粘着テープで作られた路面標識に関する最初の実験を行いました。 今日まで、稼動に電気が不要である、車両、衣料、誘導システムにおける反射装置は交通安全に大きく貢献しています。

反射装置のリサイクル: Stuart Haygarth 氏のテール ライト シャンデリア