絆創膏

1882 年 3 月 28 日
1882
Paul Beiersdorf
包帯と粘着テープは密接に関係しています。 19 世紀の初期、包帯と粘着テープの用途はまだ明確になっていませんでした。 Beiersdorf 氏によって生産された Citoplast (シトプラスト) は、販売された最初の絆創膏の 1 つであり、軽傷の手当と自転車タイヤ不良の修理の 2 つの目的で売り出されました。 これらの用途が分離されたのは 1920 年になってからです。

妻が家事で負った軽傷を手当するために、アメリカの Earle Dickson 氏は ガーゼを一片のテープに貼り付けて、それを長い布でかぶせました。 程なく、Dickson 氏の雇用主である Johnson & Johnson 社が同氏の発明品を Band-Aid (バンドエイド) という名前で生産を開始しました。 ドイツでは、ほぼ同時期に Hansaplast (ハンザプラスト) が売り出されました。

トランプ ゲームではなく、絆創膏です。 1964 年の Hansaplast のパッケージ。

AlternativImageDesc

another "hansaplast"-ad

gerit wiesmüller

Germany

AlternativImageDesc

advertisement from "Hansaplast"

Gerit Wiesmüller

Germany

AlternativVideoDesc

How plasters are made - English

Helen

United Kingdom