瓶キャップ

1892 年 2 月 2 日
1892
William Painter
瓶の王冠コルク キャップの名前は、24 の歯とひとかけらのコルクに由来します。 その発明者である William Painter 氏は、アメリカで炭酸飲料が大衆的になりつつあるときに、1892 年に王冠キャップの特許を取得しました。 当時一般的であった栓では飲料が漏れたり、炭酸が抜けたりすることがよくありました。

王冠キャップの歯によって、圧力を均等に分配することが可能になりました。キャップの内側のコルク円板で瓶首の密閉シールを形成し、キャップの金属部分を接触させることで、飲料が漏れないようにします。 王冠キャップは現在、内被がポリ塩化ビニルで、21 の歯だけですが、今日でも王冠キャップは同じ原理に従って機能します。

自身の発明で 80 件を超える特許を取得した William Painter 氏にとって、王冠キャップは最も重要な発明でした。

AlternativVideoDesc

Yoav Kotik is doing beautiful and quite unusual jewelry from botle caps. Check his website: www.kotik-design.com

Arno Jackson

United Kingdom

AlternativImageDesc

Troy Pilsner, Izmir, Turkey

M. Mueller

Germany