ブリキ缶

起源

1810

1810
Nicolas Appert
腐りやすい食料は、密閉容器に入れてその容器を煮沸殺菌してから保存します。 この方法は、フランス人 Nicolas Appert 氏によって開発されました。1809 年、同氏は 1795 年にナポレオンによってすでに発表されていたコンテストで優勝しました。ナポレオンは自軍のために長期間に渡って腐らない基本食料品が必要でした。 Appert 氏は自身の発明にはまだ割れやすいガラス瓶を使用していました。

イギリスの商人 Peter Durand 氏は、ガラス瓶ではなく、薄いブリキ板の使用を考え出しました。この考案に対して 1810 年に英国王ジョージ 3 世から Durand 氏に特許が与えられました。今日、ブリキ缶は世界共通の消費財のシンボルとなっているだけでなく、味と品質の信頼性を保証するものとなっています。

有名なスープ缶そのままの外観: インゴ マウラーの Canned Light