カラビナ

起源

1890—1910

1900

アメリカ人のパイオニア

Yvon Chouinard

George Nelson は、かつて「サバイバルのためのデザイン」が製品デザインの分野で最良の結果をもたらすと述べています。 カラビナは彼の仮説を証明しています。アルペン スポーツでは、登山者の命は文字どおりこの器具にかかっています。 ドイツ語の Karabiner は、騎兵隊の兵士がフック付きの弾帯に付けていた、その名を冠したライフルから来ています。

カラビナは、Otto Herzog により、すでに 1909 年に登山者用の固定器具として紹介されています。 1957 年、アメリカの山岳スポーツのパイオニア Yvon Chouinard が、登山者向けに特殊なカラビナ モデルの生産を開始しました。 もともとはスチール製でしたが、今日のカラビナのほとんどはアルミニウム製です。

重量はわずか 55 グラム。 Petzl の Attache 3D。