ケーブル タイ

1958 年 6 月 24 日
1958
Maurus Logan
1958 年、米企業 Thomas & Betts は Ty-Rap® を発明しました。これは、技術史における画期的な出来事となりました。 プラスチック製のケーブル タイは、もともとはワイヤリング ハーネスを所定の位置に固定することを目的として、航空機用に開発されました。 程なく、ケーブル タイは手軽に、かつ低価格でさまざまな状況に使用できる留め具として、産業界の他の領域でも一般的に使用されるようになりました。 プラスチック、アルミニウム、繊維などの軽量な素材を使用しているため、余計な重量をかけることなく、ほとんどすべてのものを束ねることができます。

今では自動車やオートバイから宇宙船、また建設現場やコンサート会場から造園に至るまで、あらゆるところでケーブル タイを目にすることができます。 警察でさえ、ケーブル タイを手錠として使用しています。

10,000 本の黒色のケーブル タイを織り込んで製作された「Meltdown Chair」、アーティスト Tom Price によるデザイン。

AlternativImageDesc

My Final collection of textiles pieces for my Multimedia Textiles Degree at Loughborough University School of the Arts, involved over 10,000 dyed nylon cable ties! My favourite hidden hero!

Emily Wainwright

United Kingdom

Motivation for the invention

Maurus was my uncle. He told me that when on a visit to an aircraft factory , he saw the workers tying cables wih nylon cord by hand . When they tied the knots the cord cut into their hands . His desire to improve this situation and save their hands was the motivation for this invention.

John

United States