飲料カートン

起源

1945—1952

1952
Ruben Rausing 博士
飲料カートンの開発は、パッケージングに関してはみごとな業績、輸送およびロジスティクスに関しては革命でした。

1940 年代のアメリカのパッケージング産業の広告に感銘を受けたスウェーデンの実業家 Ruben Rausing は、牛乳瓶の代替となる可能性のあるパッケージングの開発に着手しました。 彼は、コーティングされた板紙から筒を作り、牛乳を入れて、個別の四面体のカートンに入れて密封するシステムを開発しました。 会社名にはその名前 Tetra Pak が採用されました。 のちにレンガ型カートンの理想的な寸法と無菌充填方法のおかげで、飲料カートンは、1960 年代の終わりまでに長持ちする牛乳の標準的なパッケージング タイプとなりました。

オリジナルの四面体。六角形のコンテナに半ダースの Tetra Pak が収まりました(1950 年代)。

AlternativVideoDesc

How to make a wallet out of a Tetra Pak.

Diana Thallemer

Germany

AlternativVideoDesc

How Papercarton is made. (Sweden)

Dany Weston

United Kingdom