イヤー プラグ

1908
1908
Maximilian Negwer
19 世紀、産業化の進展とともに自動車や電動機器が増え、居住区域の人口が増加するにつれ、都市の騒音レベルも上昇しました。 古代の大河小説オデッセイにヒントを得たベルリンの薬剤師 Maximilian Negwer は、聴覚保護にワックス プラグを使うアイディアを思いつき、1907 頃に開発に取りかかりました。それまで一般的だった木、セルロイド、硬質ゴム製のイヤー プラグより、脱脂綿で覆われたイヤー プラグははるかに快適でした。

第一次世界大戦中、ドイツ語の Ohr(耳)とラテン語の pax(平和)を結合した Ohropax は、長い間ドイツ軍兵士の基本装備となりました。 今日、イヤー プラグは、多くのコンサート会場やスポーツ イベントなどで、聴覚損傷を防ぐために無料で配布されています。

耳を保護し、神経を静める: 1908 年の Ohropax パッケージ缶。

AlternativImageDesc

nice job! these heros make our life wonderful!

book

China

Great

After the pen is my favorite hero!

Andrea

Italy