コーヒー フィルター

1908 年 6 月 11 日
1908
Melitta Bentz
コーヒー フィルターが発明されるまで、コーヒー豆またはいわゆるコーヒー サックの上にお湯を注ぐのが一般的なコーヒーの入れ方でした。 挽いたコーヒーと液体をきちんと分離しようと考えたドレスデンの主婦 Melitta Bentz は、1908 年に最初のコーヒー フィルタを開発しました。紙を敷いた穴の空いた金属製ビーカーでした。 この発明が、フィットする紙を敷いた円錐型のセラミック製フィルターという今日一般的な形に進化するまで、さらに 30 年を要しました。

しばらくの間、ペーパー フィルターは他のコーヒーの入れ方と熾烈な競争を繰り広げました。 しかし、コーヒー フィルターは今でも、おいしいコーヒーを入れるために特別な器具を必要としない汎用的でシンプルな備品となっています。

Melitta MA 120 は、最初の自動コーヒーメーカーでした。1960 年代半ばに発売されました。

AlternativVideoDesc

Modenschau aus Kaffeefiltern auf der "Mocca 08".

Jenny Ringner

Germany

AlternativVideoDesc

Historische Melitta Werbung. Unfassbar...

sabine hurtler

Germany