保存用瓶

1892 年 4 月 24 日
1892
Rudolf Rempel 博士
一般家庭で食品を電気的に冷凍できるようになる前、そして食料品店で野菜や果物が 1 年を通していつでも購入できるようになる前、保存用瓶は最も重要な食品保存手段でした。 1900 年 1 月 1 日に、Johannes Weck と事業家 Georg van Eyck が創業した Weck 社は、特許を取得した瓶詰め法のおかげで、わずか数年で国際市場で保存用瓶の主要メーカーとしての地位を確立しました。

現代の消費者は自然生産の食品に対する意識が高く、保存用瓶はルネサンス期を迎えています。保存用瓶は、本物に対する情緒的な願望を満たすと同時に、ホームメード製品の品質のシンボルとなっています。

瓶詰めの原則は、化学者 Rudolf Rempel が作成したこの 1892 年の特許図に示されている方法に基づいています。

Very unusual and interesting experience

Your idea is brilliant, so interesting and so well organized exibition. The online experience was marvelloys.

Nadejda vASSILEVA

http://hotmail.com

Bulgaria

AlternativVideoDesc

Miriam Seifert-Waibel

Germany

AlternativVideoDesc

Käsekuchen im Weckglas gebacken.

Hans Dückert

Germany