エッグ カートン

起源

1930 年頃

1930
Martin L. Keyes
圧縮された繊維材料から容器を作るというアイディアは、アメリカ人 Martin L. Keyes によるものです。 20 世紀初頭、彼はまず、蒸気を使用して薄い木片からプレートを形成しようとしました。 まもなく、彼は材木の切りくずから、あらゆる形状に簡単に成形できるパルプを製造するアイディアを思いつきました。 この発見により、プラスチックより前に、初めて自由に成形できるパッケージング材料が生まれました。 このパッケージは、1930 年代にエッグ カートンの製造に使用されました。

それ以来他にも数多くの革新的な方法が生まれましたが、パルプ繊維材料は欠かすことができませんでした。Claesson Koivisto Rune のパルプ チェアは、この長年にわたって実証されたすばらしい品質を物語っています。 この椅子は、特別に開発された材料 Durapulp で作成されています。

締め具と緩衝材が組み込まれた エッグ クレート。

EGGS

Genius!

irena m

omeletla.com

United States