カール プラグ

1958 年 11 月 8 日
1958
Artur Fischer
1910 年、エンジニアの John Joseph Rawlings は大英博物館から電気器具を取り付ける作業を請け負いました。その際、壁の損傷をできる限り抑えること、という条件が付いていました。

このときまで、壁に大きな穴を空け、木材とモルタルを詰め込み、木のプラグに器具をネジで取り付けるのが、石造りの壁に物を取り付ける従来の方法でした。 Rawlings は別の解決策を考案しました。「拡張によるグリップ」の原則に従って機能するプラグです。 彼のプラグは、のりを染み込ませたジュート繊維でできていました。 約 50 年後、シュヴァーベンの発明家 Artur Fischer が、現在世界のほぼあらゆる場所で使用されているプラスチック拡張アンカーを開発しました。 1958 年以来、200 億個が販売されました。

John Rawls によるまさに最初のカール プラグは、すでに 拡張によるグリップの原則に基づいていました。

AlternativVideoDesc

Sendung mit der Maus Beitrag über Herrn Fischer und seine Dübel.

corinna arbel

Germany