リング バインダー

1885 年 7 月 18 日
1885
Louis Leitz
今日のリング バインダーでもおなじみのレバー機構は、1896 年に Louis Leitz が発明してからほとんど変わっていません。その数年前には、1886 年に Friedrich Soennecken が発明したレター バインダーなど、書類を整理するためのバインダーが存在していました。これらの発明をもたらしたのは、産業化による通信量の増加と、新しい機械式タイプライターと加算機を使った、製本式の会計帳簿に代わるルーズリーフ式レコードの増加でした。

デジタル化の普及によってリング バインダーの使用は減少しましたが、依然として最も重要なアナログ ファイリング方法であり、オフィス ワークの典型的なシンボルとして重要性を保っています。

レバー機構の前身。リング バインダーの典型であり、今日までほとんど変わっていない。

AlternativVideoDesc

Fitness im Büro mit Aktenordnern:

manfred körner

Germany